ブログ(漫画あり) 絵描きの徒然

自撮りはキケン!? 似顔絵用のお写真について

自撮りはキケン?

2021年に入り、似顔絵のオーダーフォームを作ったところ、早速ご利用頂き嬉しくてたまらないミギワンです!
ああもう、なんで今まで作らなかったんだ…
さらに、ミギワン公式ラインもようやく本格稼働!…したところ、これまた早速ご登録いただき感謝感激です。
本当にありがとうございます。

さて、今回は似顔絵用のお写真について。
正直申し上げて…

お写真は似顔絵の仕上がりにかなり大きく影響します

こちら↓にも書かせて頂いておりますが、私見も含め、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

似顔絵用のお写真でNGなのは?

最も悩ましいお写真は…自撮り

似顔絵をオーダー頂く時には必ずお写真をお預かりします。色んなお写真があります。前撮りのお写真、家族の記念写真…、お友達と笑顔いっぱいのお写真…、眺めているだけでホッコリ幸せな気持ちにさせていただくこともあります。その中に「自撮り」は少なくありません。誰かの手を借りずに写真を準備するには「自撮り」は手軽ですよね。
ただ…似顔絵用のお写真となると…

うーん、うーん…

それだけでは、ちょっとツラい!!

のです。その理由について記します。

なぜ自撮りはキケンなのか

物理的な理由と、心理的な理由があります。

物理的な理由

自撮り画像の大半はスマートフォンで撮られたものが多いです。自撮りではない写真と一番違うのは、「距離」です。被写体(自分)距離が短い。本人の腕を伸ばして撮影したものがほとんどなので、60cm前後くらいになるでしょうか。
すると、実物より鼻が大きく写るのです。、
スマートフォンのレンズの性質上、大体の人はそうなっています。顔との距離が短ければ短いほどそうなりますので、肘を曲げていたり近視の方はより、「鼻・大きめ」に写ります。

こんな記事がありました↓

「自分を見慣れている人」=自分や家族、友人などはその違いに気がつかないかもしれません。
しかし、モデルを直接存じ上げない初見のわたしが、自撮り・自撮りではない写真を見比べると「えっ!本当に同じ人?」というくらい違うことがあります。

その違いの理由がもう一つ。

心理的な理由


自撮りには撮影者(=自分)の”気持ち”が入り込みます。

「自分が納得した画像を準備したい」と思うのが人情ですよね。
自分が一番好きな写り方を選択できるのが自撮り。

逆に、自分で自分を撮るなんて、とちょっと緊張気味なお顔(容疑者風?)にもなりがち。男性が多いかな〜。

その画像は、もしかしたら普段他人に見られている自分の顔とは大分違うかもしれません。

これはわたしの場合ですが、誰かに撮ってもらった画像と自撮りを見比べると、ほぼ確実に顎の角度が違うのです。
どうやら普段から、無意識に顎が上を向いているようです。集合写真撮影でカメラマンから「前から2段目左の人、ちょっと顎引いてくださ〜い」と言われている人が私です(笑)
逆に自撮りだと、顎は引いていますが、緊張するのかなんか目が怖いです(笑)

ナチュラルにしている時と自撮りの顔が変わらず「良い」のは、芸能人くらいではないかと思ったりします。

それでも自撮りしか出来ない時は?

何がなんでも自撮りしか用意できないという時は、スマホのセルフタイマー機能することをお勧めします。
スマホが倒れないよう固定。そして、あとはパシャパシャと気が済むまで(笑)撮影してください。そうそう、最近だと、リモコンシャッターが100均で手に入ります。
フラッシュは焚かない方がよいです。白飛びして顔のパーツがよくわからなくなります。昼間の自然光がある場所だとより鮮明に撮影ができます。

・肩の力を抜く(一度息を思いっきり吸って、ゆっくり口から吐くと力抜けます)
・顎は引き気味で
・自然な笑顔

わたしは昔、この方法でパスポート用の写真を撮りました。納得できるまで撮影できたので大満足ですw。

「セルフタイマー使ったことない」ということも全く諦める必要はこざいません。その時は、こっそりスマートフォンアドバイザーの資格を持っているワタクシ・ミギワン が今節丁寧にご説明します!!

自撮りでわかること

ここまで書いておいてなんですが、

自撮りのすべてがダメ!というわけでもないのです。
モデルさんの「こういう風に描いてほしい!」という気持ちを汲み取ることが出来る、場合があるからです。
せっかく似顔絵を作るからには、自分のコンプレックスは強調したくないのが人情です。

余談ですが、メイクにもモデルさんの希望を垣間見ることができます。ミギワンもメイク大好き!人間なので、モデルさんに納得していただけるようなメイクを似顔絵にも出来ないものか、慎重に検討しながら描きます。

頑張ります!!のでご協力のほど…

以上、「自撮り」は色々と注意しないといけないことが多いのですが、自撮り以外の他の写真と組み合わせることによって、モデルさんの外見を正確に捉えることも可能です。
オーダーフォームでは、最低2点以上のお写真の提出をお願いしています。その2点がどちらも自撮りでなければOKです!

他にも疑問に思ったことなど、いつでもご質問お待ちしております!
こちらのブログにはコメント欄を設けておりませんので、各種SNS(Facebook,instagram,twtter,公式LINE)をご利用ください♪

ここまで読んでいただきありがとうございましたー!!

にがおえについて、オーダーフォームはこちらから↓

 

-ブログ(漫画あり), 絵描きの徒然
-,

Copyright© Migiwan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.